活動方針

スペインメソッドの
日本化

 

 

育成大国スペインの指導現場で用いられている『スペインメソッド』。

試合で求められる能力を発揮する為に、主に相手のいる状況でのトレーニングや戦術理解や判断を伴うアクションを引き出す方法が用いられる。

これに、日本のサッカー文化や日本人選手の性格や個性を考慮し、ここ神奈川でしか実現しない『スペインメソッドの日本化』をFCTestigoでは展開する。

 

欧州スタンダードのトレーニング

 

『戦術』『技術』『フィジカル』『メンタル』『社会性』をトータル的に考えてトレーニングを構造化

各要素を個別的に考えるのではなく、各トレーニングにおいて全ての要素に考慮し、全体的にアプローチをする。

サッカーは複雑性の高いスポーツであり、各要素を切っても切り離せない。『サッカーはサッカーをすることで上手くなる』 

 

選手の管理

 

 

選抜した選手だけのスペシャルクラスで高いレベルでの成長を目指す。

『サッカーをプレーするだけではなく、本当にサッカーで必要とされるスキルを学ぶ。』

少人数制のグループセッションにより、質を徹底的に管理。選手それぞれの成長を段階的にサポート。

 

戦術

 

 

ヨーロッパレベルを基準に、選手として必要な戦術の理解とテクニックの向上を目指す。

集団的なプレーの中で個人のパフォーマンスを発揮できるスキルを身に付ける。

『サッカーにおける一般的なアクションだけでなく、試合の中で必要とされるより専門的なアクションの習得を目指す。』

 

指導者

 

 

スペインで現場指導をした指導者2名が直接トレーニング。

実際に監督経験があり、スペインサッカーライセンスレベル2(UEFA-A相当)以上を持つ指導者による指導を実施。

『複数年においてスペインの育成年代で監督として闘った指導者が考える、本当にフットボールに必要なことを伝授』